Полный текст публикации  

Пока Дэймон Олбарн (Damon Albarn) навел тень сомнения на перспективы Blur, его коллега по группе Грэм Коксон (Graham Coxon) без особых спекуляций выпускает новый сольный альбом "A+E" (игра слов и букв - могут иметься в виду как Accident & Emergency, то есть скорая помощь, так и гитарные аккорды).…

Кто голосовал за эту статью


Комментарии


Написал reereedrulk
2731 дней назад
- 0 + 1964年フィル・ナイトと彼が属していたオレゴン大学トラック競技チームのコーチであるビル・バウワーマンが ブルー・リボン・スポーツ社 を設立、オニツカタイガーのスポーツシューズ販売を始める。1971年ジェフ・ジョンソンがギリシャ神話の勝利の女神ニケ(nike) を冠したブランド名「ナイキ」を考案。ナイキナイキのトレードマーク「スウッシュ」をオレゴン大学生キャロライン・デビットソンがデザイン。1972年ナイキブランドの靴を発売。1970年代後半社名をナイキに変更。1979年エアマックス発売。ヒット商品となりトップブランドとして認識された。 1985年エアジョーダン発売 。1994年エアマックス、イエローグラデからナイキブームが爆発。1997年SSシーズンまでは、ナイキのどんな靴でも手に入りにくいという異常な状況となった。 1997年イスラム団体からエアベーキンの炎を模った「Air」ロゴが「アラー」と読めるというクレームがつき、販売中止となる。同様のロゴは同時期に発売されたAirBQのヒール部分にもあしらわれているが、こちらは販売中止にならなかった。 LSモデルから靴が売れなくなったが、ナイキの仕入れの締めは半年前なので、強気の仕入れをしていた靴屋さんは過剰在庫を仕入れ値以下でさばく羽目になった。当時、インターネットで商品情報を公開する企業が増え始めていたが、ナイキは公式サイトを設けていなかった。(1997年6月記) 1999年SSモデルで1979年から年次発売していたエアマックスの発売を一旦終了。2005年ナイキフリー発売。 2006年Nike+サービスを始める。

最新の機能性や斬新なデザインによって、常に新しいもの求める若者たちの心を掴んできたナイキスニーカー。今回はエアジョーダンやエアマックスなど、ナイキスニーカーの歴史に欠かせない名品から今注目のNEWアイテムまで、ボリューム満載でご紹介!大人気ナイキ ダンク、ナイキ スニーカー激安販売オンラインショップ。ナイキ工場通販店ならではの正規品保障!100%品質保証!送料無料!

1963年ナイキの創業者フィル・ナイトが訪日、オニツカ(現アシックス)の経営陣を訪問。

裸足のコンセプトから作られたNIKE(ナイキ)のシューズ「NIKE FREE」をテーマにインタラクティブな経験を実現するミュージアム”THE SUPER NATURAL RIDE/野性のつよさをよびさませ。”が2012年5月11日(金)より、六本木ヒルズ大屋根プラザにて開催される。ナイキ最新イノベーションテクノロジーを象徴する「サイエンス」と、裸足ランニングという人間の「自然の姿」を融合したNIKE FREは今年で誕生から8年目。今回、その魅力である"軽量性、柔軟性、機能美"をインスピレーション源に、東京アートシーンをリードするクリエーター達が、来場者自身がインタラクティブな体験を通してNIKE FREEの世界観を楽しめる作品を作り上げた。最初のコーナーはA4A×YKBXの作品、”カラダ”の動きに反応して、スクリーンのグラフィックがスパークしながらその軌跡を追う。リアルタイムに動きを捉える映像美が圧巻だ。aircord×NAMの作品は、目の前に並んだ5色のシューズを手に取りながら楽しめる仕組み。NIKE FREEを回転させたり捩じると、その先にある光ファイバーとたくさんのシューズで築いた作品に伝わりファンタジックな世界が広がる。シューズの機能を音と光で表現した。その先のコーナーでは、デジタルでスタイリッシュな世界から一転、magma×So Kannoの作品はアナログ感たっぷりの可愛らしい世界。壁際を移動するボールの動きに呼応するように様々な仕掛けが”発動”する。仕掛けの中にも”足の動き”がダイナミックに表現されているところがポイントだ。



Добавить комментарий
Ваше имя: 

E-Mail (не публикуется): 



 

Последние добавленные

Последние комментарии

Архив статей о музыке

О сайте

Bazus.ru - Информация для музыкантов. Каталог репетиционных баз, студий звукозаписи и музыкальных магазинов.